【スポンサードリンク】


「わかろう」とし過ぎないこと


悩み相談では相手が何に困っているのかが理解できればできるほど上手にできます。

しかし、次のような態度はあまりしない方が良いでしょう。

それは
「わかろう」「理解しすぎよう」としないことです。

これもびっくりですね。
ただ、これだけは覚えておいてほしいのです。

人には相手に「分かってほしい」という気持ちと同様に「この線以上は踏み込んでほしくない」という思いも当然あります。

「これ以上は踏み込んでほしくない」というのは当然の権利だと私は考えています。

そして、さらに大切なのは相手のことを「知ろう」と「わかろう」と熱が入れば入るほど、身体に余計な力が入ります。
悩み相談を上手に行うコツは「リラックスすること」です。

緊張が入ると、私たちは相手の話を捻じ曲げて聴いてしまう傾向があります。
すると、相手の話が素直に入ってこず、独りよがりなイメージで聞いてしまうことになります。

段々と相手の話したいペースがズレ来て、相手は「なんか違う」と聴いてくれないという感じを持ちます。

私もカウンセリングでは「相手のことをしっかりと理解しないといけない」と思えば思うほど、全く理解できず、相手の話を聴くことができないという状態になります。
その都度、不満に感じているクライエントの後姿を見るたび、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

悩み相談を聴く場合は、できるだけ「わかろう」としない姿勢も十分必要です。
聴いているうちにふわっと「そういうことか」と見えてくる・・・。
これが理想的な聴き方なんじゃないかと思うのです。
そういうときほど、相手の全体が良く見え、どうしていけばいいか相手も見えてくるようになります。

そうした心境が私が目指している悩み相談のあり方です。

    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 悩み相談のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク