【スポンサードリンク】


合わない上司との付き合い方―苦手な人と付き合うコツ


合わない上司というのはどこの職場でもいるものです。
周りからは「どこにでもそういう人はいるんだから我慢しなさい」と言われます。

しかし、そういうことを言われても、合わないものは合いません。
そもそも、合わない人と職場で会い続けることがかなり苦痛に感じる人もいるものです。

しかも、そういう人が上司であったのなら、その苦痛は想像に難くはありません。
実際にその苦痛がストレスとなり体にまで出てしまう人もいるのですから。

さて、合わない上司と付き合うコツですが、
まず考えないといけないことは
「なぜ合わないのか」です。

この辺りをまずは整理することがコツです。

仕事ができないのが合わないのか。
人の気持ちに配慮できないのが嫌なのか。
気分で指示を変えるのが許せないのか。
土足で踏み込んでくるのが耐えられないのか。
伝えたことを理解してくれないのが苦痛なのか。

上司の何が合わないのかをまずは整理してみることが付き合うためのコツです。

そして、突き詰めて考えてほしいのは上司がどういうタイプの人間かです。
相手のことをまずは理解することが、対処するうえでとても大切です。

上司があまり他人の空気を読むのが苦手なタイプであれば、そういう人なんだと割り切ることで心に余裕が生まれます。
また、仕事ができないタイプだとわかれば、他の人とコミュニケーションを密にとることで自身が被る被害を最小限に押さえることができます。
伝えることを理解できない人であれば、紙に書く、他に人にも伝えるなど、情報の伝達を広げておくことが良いかもしれません。

まずは上司がどういうタイプかを理解すること、そのための情報を集めておくことが大切です。
上司がわかればわかるほど、対処法もだんだんと見えてくるでしょう。

ちなみに相手のことを理解するのがどうしても苦手だ、できない人はこちらを。
正しい相手の理解の仕方を学ぶことで、ストレスを減らした関わり方ができるようになります。

また、そうした愚痴を聴かされる場合は、その人が上司のことをどのように見ているのか、どう理解しているのか、その辺りをクリアにするように聴いていくと、より良い悩み相談ができるのではないかと思います。






    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 会社や仕事での悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク