【スポンサードリンク】


中学受験のわが子に対する親の役目、できること。


中学受験のシーズンになってきました。

この時期になると、家族一丸となってわが子の受験を応援しているのではないかと思います。
もう受験を控えたわが子の前で親ができることというのはほとんどありません。

確かに親の役目として、子どもの話を聴いたりすることも必要かとは思いますが、受験直前になるともうそんな余裕はないだろうと思います。

中学受験をして乗り越えるために一番必要なのは、子どものやる気です。

そしてやる気とは、
どれだけ自分の進路を具体的にはっきりと見えているか。
そのために「今」できることが理解できているか。
そして前に進めているという達成感があるかどうか。

この3つの条件が達成できているかどうかで変わります。
見通しも、するべきこともわからない、前に進めているかもわからない。
この状態で「やる気を出して」と言われても、まず無理です。

中学受験でできる親の役目というのは、なるべく早い段階で(早すぎてもダメですが)、この3つの条件について日頃から話し合っていくことだろうと思います。

中学受験で親ができることというのは、実は子どもが受験勉強を始める前にすでにあるのです
むしろ、この3つの条件について、子どもが自分から「こういうことをやってこうなれば、次に進めるんだ」と見通しを作れるように話し合っていくことが親の役目だろうと思います。

その際に「このやり方はおかしいでしょ」と批判しないように心がけたいものです。
批判は子どものやる気を失わせます

できれば「そのやり方もいいけど、私はこうしたらしやすいんじゃないかな?」と子どもの意見を尊重し、もっと良いやり方を見つけていくように話し合えると良いだろうと思います。

この子どもとの信頼関係づくり、子どもの進む道を自分で作り上げていくような話し合い、それらが親にできることであり、役目ではないかと思います。
その地道な作業の繰り返しが、わが子が本当にしんどい時に大きな助けとなります

    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク