【スポンサードリンク】


悩み相談のコツは気持ちをくみ取ること


久々の悩み相談のコツについてお話します。

悩み相談の仕方は3通りあります。
@ 助言・アドバイス
A 共感・汲み取る
B 一緒に考える

一般に悩み相談と言われると、@助言・アドバイスの方に重きを置かれる傾向があります。
コーチングでは@に焦点を当てて悩み相談の解決を行うことが多いようです。

多くの人はAとBはできていないのではないかと思います。

例えば、「仕事で上司に怒られたのが怖くて、何もできない」という悩みに対してどう答えますか?

「そんなのどこでも一緒だよ。前を向いて頑張らないと」
「そういう時は気分転換でもして、気持ちを切り替えればいいんだよ」
「まずは仕事で失敗しないように、できることを考えてみたら?」

と助言やアドバイスをしようとしてしまいがちではないでしょう?

悩み相談のコツは、Aの共感・気持ちをくみ取るです。

このときに、「そっかそんなに怖かったら、仕事をしようという気持ちにならないようね。大丈夫?」と声をかけたとしたらこの女性はどう思うでしょうか?

もしかすると、「わかってもらえた」と少しホッとするかもしれません。

この「ホッとする」というのが私たちが行動するうえで大切なのです

一杯一杯では、何もできなくなります。
この一杯一杯の気持ちが少しでも楽になる、余裕ができるとどうでしょう。
「何か行動を起こしてみようか」という気持ちが出てくるのではないかと思います。

これが悩み相談のコツです。

少し余裕を作ることを目的として話を聴くことがとても大切です。

私たちはだれも「自分の気持ちをわかってほしい」という欲求を持っています。
(個人差はありますが)
この欲求が満たせることで、私たちは初めて前に向けるエネルギーを得ることができます。

そのため、共感・気持ちをくみ取るということは、悩み相談においてとても大切なのです。

しっかりと相手の気持ちを理解したうえで、
B一緒に考える
に取り組むことが大切だといえます。

気持ちの汲みとり方、共感の仕方を詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。



    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 悩み相談のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク