【スポンサードリンク】


愚痴聞きとカウンセリングの違いについて


愚痴聞き屋という仕事がブームになってきていますね。

相手の愚痴を聴いていくのですが、これで月20万円も稼いでいる人がいるというのですからびっくりです。

ところで、愚痴聞きとカウンセリングの違いはイメージはできますか?
両者は似ているようで全く異なるものです

「カウンセリング=愚痴聞き」というイメージがありますが、カウンセラーを目指す人は両者の違いをしっかりと認識しておくべきだと思います。でないと、目の前のクライエントの話を聴いていて、「今自分はカウンセリングをしているのか、それとも愚痴を聴いているだけなのか」わからなくなってしまいます。

カウンセリングというのは、悩みを聴くのが仕事ではありません。
クライエントが抱えている問題を、その人が自分の力で解決できるようにお手伝いするのがカウンセラーの仕事です。そのために、クライエントが困っている問題をしっかりと聴いていくという手段を取るのです。

クライエントは聴いてもらうことで、心が軽くなり、「よし、頑張ろう」というエネルギーが出て、困難に立ち向かう力を得ることができます。これがカウンセリングの本来の姿であり、傾聴主体の来談者中心療法で目指しているものです。

そしてクライエントを援助する手段として、カウンセラーや認知行動療法やリラクゼーション法などのスキルと、精神分析や精神医学などの種々の理論や知識を持ち合わせ、クライエントのニーズに応じて適宜使い分けていきます。

愚痴聞き屋は基本は相手の愚痴を聴くのが仕事です。
確かに愚痴を聴いて楽になるのであれば効果はあります。しかし、お客さんが愚痴を聴いてもらった結果、得られたものが「愚痴を聴いてもらった」だけならば、これはカウンセリングとはかなり遠いものであるといえます。

カウンセリングで得られるのは、「愚痴を聴いてもらったが、おかげで方向性や自分がどうするかが見えてきた」といったように、状況の整理や方向性が見えてくるということです。つまり、「どう頑張ればいいか」が
見えてくるのがカウンセリングで得られるものなのです。


この違いのニュアンス、お分かりになるでしょうか?
愚痴聞きとカウンセリングで行われることは似ていますが、結果として得られるものがかなり異なるということです。また、目的や方向性も異なります。愚痴聞きが平行線だとすれば、カウンセリングは少なくとも上に向かうことを意識しなければいけません。

もちろん、愚痴聞きも十分メリットありますし、需要はあります。むしろ、これからの時代必要なものではないかと思います。

ただ、カウンセリングと愚痴聞きの違いを十分に知っておくことは大切だと思います。皆さんも上記の違いをしっかりと把握して選んでいただければと思います。

また、カウンセリングの仕方を学びたい方は、こちらをご覧ください。

臨床心理士 なりたい方
心理カウンセラーなりたい方


    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク