【スポンサードリンク】


「傷つけれられた」「許せない」という相談の聴き方-相手の心を汲むこと


時折、カウンセリングで「傷つけられた」「許せない」という相談を受けることがあります。
中には「相手の人生を破滅させたい」「○○したい」「傷つけたい、苦しい思いで一生後悔させたい」という相談を受けることがあります。

ただ、ここで大切なのは、なぜそれを「私に訴えるか」です。
本当にそうしたければ、相談なんかせず、実行すればいいだけの話です。

同情を買いたいのでしょうか?
それとも、一緒に復讐の計画を立てて実行してほしいのでしょうか?

どちらも違います。

こうした訴えの背後にあるのは、「こんなに傷つけられてボロボロになった私の気持ちを理解してほしい」という思いです。
それがその人の心の奥底にあるからこそ、私たちに「傷ついた」「許せない」と相談に来るのです。

その際の聴き方は、この背後の思い、心をしっかりと汲むことではないかと思います。

私であればしっかりと耳を傾けて、「そうか、そんなに辛かったんだ。傷ついてそこまでボロボロにされて、苦しい中頑張って耐えてきたんだ」と伝えます。

しっかりと心を汲んで聴いていると、その人はボロボロと涙を流しながら、「そうなんです。だから傷ついて許せなかったんです・・・」と背後の思いに気づくことができます。

許せない、怒りの原因となるのは「大切にしたいものを踏みにじられた」という思いです。
そのため、その人が「何を大切にしたくて、それをどう踏みにじられたのか」をしっかりと聴くことが大切だと思います。

丁寧に傾聴していくことこそ、支援になるものはないなあと心から思います。
実際に「傷つけられた」「許せない」と思っているうちには、その人も先へ進めず、苦しい中でずっと頑張るしかない状態の中で生きています。
そっと聴いてあげることでその人を苦しみから救い出すことができます。

どうぞ、あなたの大切な人の苦しみを聴くことで救い出してあげてください。




    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | こんな時どうする? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク