【スポンサードリンク】


嫁姑の間に挟まれる夫の役割とは?



嫁姑問題というのは昔からある問題です。
これによって夫婦関係が悪化し、離婚することも珍しくありません。

この嫁姑の問題を何とかするためには、何といっても夫の役割です。

嫁と姑に板挟みに合うので、本当の世の夫さんは大変です。

私の義理の父は、嫁姑の問題で結婚当初は激ヤセしたと聞いています。

その時の義父の父の言葉が今でも忘れません。

「いいか、夫の役割は嫁と姑の間をしっかりと取り持つことだ」

私はこの時は、「何があっても嫁の見方をするんだ」と考えていました。
しかし、結婚生活を続けていくうちに、それは間違いだと気づきました。

例えば、嫁が姑に会いたくないというのをそのまま鵜呑みにしていいのか。
そりゃ会わないでいたら楽ですし、その代わり夫が頑張って間をとりなせば済むような気もします。

でもそれを自身の親が介護が必要になって、危篤状態でもいいのかと言われると、そんなことはありません。

それで一番苦しい思いをするのは、嫁さんなんです。

会わないままでいたら、結局嫁さんがしんどくなってくるのだとしたら、奥さんの要望を鵜呑みに受け入れ続けるのが果たして良いことなのかどうか。

そんなことを考えると、男にとっての結婚とは、母親からしっかりと自立し、そして一人の女性に毅然と接し、父親として子どもを社会に育てていく・・・それらを通して男性として成長していくことにあるんじゃないかと思います。

もちろん苦しいですが、夫の役割を全うできたとき、確実に人間として成長できると思います。

ただ、逃げ続けた場合、本当に苦しい最後になってしまう可能性もあります。

男性にとっての夫とはそうした修行だと思います。
もちろん、それを通して嫁さんも一緒に成長していくことが結婚です。

世の旦那さん、今はつらいかもしれませんが、一生懸命自分の親と嫁さんに向き合って頑張って行きましょう♪

絶対に、あなた自身を成長させてくれますよ。


    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 夫婦の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク