【スポンサードリンク】


人間関係のコツは相手に感謝すること


こんにちは。

久しぶりの投稿です。
お恥ずかしながら久しぶりにブログチェックをしましたが、コメントがいくつかあってびっくりしました。
返事が返せず、申し訳なかったのですが、私自身も非常に心が救われました。ありがとうございます。

今回は、人間関係のコツについてお話しますが、基本は相手への「感謝」です。

この「感謝」というのは私たちが幸せになるためにとても大切な心の所作でもあります。

例えば、フランクルと言う精神科医は「なぜ、この苦しみが私の前に現れたのか」と考えるように勧め、ロゴテラピー(実存分析)を提唱しています。

具体的な例を挙げましょう。
職場に行きました。職場では上司が理不尽に怒鳴り散ります。
あなたは辞めたいのですが、仕事でもあるので辞めたくはありません。
また上司以外の職場の人間関係は良いです。

こういった時に、実存分析では、「なぜ、そのような上司があなたの前に現れたのか」と問います。
そして、「どんな意味があってそのような苦痛を与えられたのだろうか?」と投げかけます。

この考えは私たちの人間関係を解決するヒントが隠されています。

苦痛や苦しみ、悩みというのは、私たちが成長するため、幸せになるために、神様から頂いたものだということです。
(フランクルの「超意味」やユングの「集合的無意識」、アドラーの「共同体感覚」など、明記はされないものの、神の存在を肯定するような概念がある心理療法の理論は結構多いのです)

フランクルは「超意味というものがあるとして、そこから意味として苦悩を私たちに投げかけてくるんだ」と言っています。そして「その意味に答えることが、私たちが幸せになるために必要なことだ」と。

嫌な人間関係も私自身を成長させるために用意されたものだと思うと、そのこと自体に感謝することが大切です。

怒られた場合は、「また教えてもらった」
嫌われた場合は、「人を不愉快にしてしまうところを教えてもらった」

と感謝をしていくことがとても大切です。

そういう考えを切り替えるだけで、心が簡単に楽になり、人間関係を楽にすることができるのです。

    スポンサードリンク
   

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 悩み相談のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク