【スポンサードリンク】


カウンセリングでアドバイスを控える理由


悩み相談を受けるとどうしてもアドバイスをしたくなります。

しかし、カウンセリングの勉強をしたことがある人なら「アドバイスは極力しないように」と最初に教えられます。悩み相談の専門家であるカウンセラーにそう言われたからということで、悩み相談の際は極力アドバイスをしないようにしてしまう人は結構多いのではないかと思います。

中にはカウンセラーの中でも、「カウンセリングはアドバイスをしないもの」と決め込んでいる人もいます。

なぜ、アドバイスはあまりしない方がいいのでしょうか?

私は悩み相談やカウンセリングでアドバイスはしてもいいと考えています。

ただし、条件があります。
それはそのアドバイスがその人にとって有益であることです。

例えば、「彼氏に振られた。もう生きていけない。」と友達から相談があったとします。
そこであなたは「まあ男なんていくらでもいるから気にすることはないよ」といったとします。
でも相手は「いやそうじゃなくて・・・」とあまり納得しません。

もしくは無理やりあなたを気遣って「う〜ん・・・」と口を濁らせるかもしれません。

つまり、あなたのアドバイスは友達の助けとはなっていないのです。

これだけは覚えてほしいと思います。
カウンセラーがアドバイスをしないのは、「カウンセリング=アドバイスをしないこと」だからではありません。
どうアドバイスをしていいかわからないから、カウンセリングや悩み相談では迂闊にアドバイスをしない方が良いだけなのです。

まずはじっくり話を聴いて、その人がどうしたいのか、今何を求めて、何に困っているのかをしっかりと理解できるまで聴くことです。
その中で、「あ、この人これが欲しいんだ」というのが見えてきます。もしくは「ああ、アドバイスは必要ないな」とわかってくるかもしれません。

そこまで聴いて「こういうことを助言した方が良いな」と思った時に、アドバイスを行うと高い確率で相手にとって有益なものになるでしょう。
カウンセラーがアドバイスをあまりしないのは、良くわからないうちにアドバイスをする危険を良く知っているからです。アドバイスをする上で、相手の有益になるかどうかしっかりと考えて言うことが大切だと思います。そのための手段が相手の話をしっかりと聴くことなのです。

アドバイスのコツについてもっと知りたい人→コチラからどうぞ
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | アドバイスの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効果的なアドバイスの仕方


前回は悩み相談でアドバイスは必要とお話しました。

さて、今回は効果的なアドバイスの仕方についてお話します。

効果的なアドバイスの仕方とはずばり・・・
「相手が困っていることに焦点を当てたアドバイス」
です。

例えば、「仕事が見つからなくて困っている」という相談を受けたとしましょう。
「やっぱ、この不景気だから仕事がなくて困ってさあ」と。

そこで、あなたは
「そんなん文句言う暇あったら探さないと」
と助言を言います。

もしくは、
「みんな一緒。自分だけと思わないで。」
「人生そんなんで辛いと思ったらこの先どうするの?」
などなど、アドバイスというか叱咤激励というか。

ここで一つ考えたいのは、
その人が「何で困っているのか」です。
〇 仕事がなくて困っているのか
〇 やりたい仕事がわからなくて困っているのか
〇 逆にやりたい方向性はあるけれども、どうしていいか見えないだけなのか
〇 今の状態に焦っているのか、それとも何も感じていないのか。

本人の困っていることに焦点を当てるのが悩み相談のコツです。
ここで、「やりたい仕事がわからなくなったこと」が一番の困っていることだとしたら、
「じゃあ、まずパソコンで自分が何の仕事したいのかを調べてみたら。そういう検査も無料でできるし」
というアドバイスができるかもしれません。

恐らく、本人も結構受け入れやすいのではないでしょうか?
悩み相談のアドバイスは相手が何で困っているかを把握して、そこに焦点を当てていくことです。

参考
相手の願望や理想を聞き出す質問
相手の価値観を聴くこと
カウンセリングにおける傾聴とは?
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | アドバイスの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩み相談にアドバイスは逆効果?


悩み相談にアドバイスは逆効果・・・

これはカウンセリングで最初に教わることでもあります。
私も最初はカウンセリングを教わったときは、「アドバイスはするな」と言われました。
実際に、アドバイスを全くしないカウンセラーも多くいます。

私は悩み相談にアドバイスは必要だと考えています。
ただし、相手がしっかりと受け入れられるアドバイス、相手の人生や今の状況に本当にプラスになるアドバイスを与えないといけません。これがアドバイスをする際に気を付けたい鉄則です。

アドバイスは相手が受け入れられなければ、単なる押し付けにしかなりません。

先ほど、悩み相談にアドバイスは逆効果と書きましたが、それは押し付けになるようなアドバイスは逆効果という意味です。

私なんかはカウンセリング中、アドバイスをどんどん提案することもあります。
もちろん、しっかりと相手が受けいられるように工夫し、落ちつけにならないよう配慮をした上ですが。

しばらく、悩み相談のアドバイスの仕方についてお話したいと思います。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | アドバイスの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク