【スポンサードリンク】


聴きたくない悩み相談であれば断った方が良い?


嫌いな人から、聴きたくない相談を受けることがあります。
私もカウンセラーですが、よくプライベートであまり好きでもない人(どちらかというと嫌いな人)から、悩み相談を受けることが多々あります。
そして、そういう人に限って、「カウンセラーだから話を聴くのが当然」という感じで話を振ってくるものです。

さらに、厄介なことに、そういう場合に限って適当に聴いているとバレるものです。

聴きたくない 悩み相談

これは大切なことですが、嫌い人からの悩み相談を真剣に聴くことはできません

真剣に聴くためには、「この人のために何とかしよう」という思いが必要です。

そのため、嫌いな人の悩み相談、聴きたくない相談を受ける場合は、
「まあ嫌だけど、いつも助けてもらっているし」
とか
「仕事の付き合いで今後のことを考えると・・・」
と言った理由を考える必要があります。

カウンセラーがクライエントの話、聴きたくない話を聴き続けることができるのは、「仕事であること」「カウンセラーとしてのスキルが上がるから」というカウンセラー側にとってのメリットがあるからこそできる部分は少なからずあります。

ただ、そういうメリットが全くないのに、嫌いな人からの悩み相談を受けることは正直難しいです。
適当に聴いて怒られて人間関係を悪化させるくらいであれば、最初から断った方が良いでしょう。

ただ、「聴きたくないから」とぶっきら棒に断ってしまうのは良い方法とは言えません。
どうせ断るなら、相手に気持ち良い形で断った方がベターでしょう。

その際に、注意したいことは「聴きたくない」「聴きたい」といった次元で断らないことです。
それ以外のところで断るようにしてください。
例えば、「時間がないから」「別の用事があるから」といった自分の都合で難しいことを伝えると良いだろうと思います
さらに「本当は聴きたいし、悩み相談に乗りたいけど自分が一杯一杯だから、逆に迷惑をかけることになるから聴くことができない」といったような言い方もGOODです。

「自分の都合でできない」という表現で断ると人間関係を悪化させずに断ることができるでしょう。

あと、大切なことですが、嫌いな人に対して必要以上に距離を縮めないことをお勧めします。
苦手な人に対してもそうですね。
これは自分自身のメンタルヘルスのマネージメントにつながる部分なので、普段から人間関係の距離感についてあなたらしいやり方を考えておく良いだろうと思います。



posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 嫌いな人からの悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌いな人との接し方―立ち位置をまずはしっかりと確立すること


嫌いな人、苦手な人が職場にいるだけで、どうしても意識してしまうものです。
意識してしまう分、どうしてもぎこちなくなってしまい、上手く接することができなくなってしまいがちです。

嫌いない人と上手に接するための一番のコツは、何と言っても立ち位置です。

例えば苦手な人、嫌いな人がいたとして、まず最初に考えないといけないのは全体の中で自分がどういう感じでいるかどうかです。
具体的にはパワハラをする上司に目をつけられる一方で、「大変やなあ、あなたなら乗り越えられるから頑張りいなあ」と応援してくれる人はいるものです。その支えでつらい状況を乗り越える力になることもあります。

まずは学校、職場、友達関係など人間関係の中で、あなたがどのような立ち位置にいるのかを意識してみましょう。嫌いな人以外の人間関係は順調ですか?挨拶はどうですか?話せる人はいますか?

もし、その人があなたのことを嫌っていたとすれば、あなたができることはほとんどありません。

人を変えることはできないからです。

しかし、あなたが嫌っているだけであればできることはたくさんあります。

自分を変えることはできるからです。

まずは、あなた自身の立ち位置を理解すること、把握することにエネルギーを使ってみることをお勧めします。その上で、有効な関係が築けている人との人間関係を損なわない、もしくはもっとより良い関係になれるような努力をすることをお勧めします。

となると、嫌いな人に対して嫌がらせや意地悪をするという選択は望ましいとは言えません。

周りの空気をいかに損なわないで、その人と適切な距離をどうとるか。
そのような行動をどうとっていくか。選択していくか。
そこに焦点を当てていくことが良いのではないかと思います。

また、できれば「嫌いな人」がどういう人かをしっかりと理解することをお勧めします。
私達は相手をしっかり理解できないと、どんな行動や対処も効果は薄くなります。

焦ってしまって、無作為に行動を取っていると、どこかで足元をすくわれることも多々あるでしょう。
まずは理解すること、そしてそのうえで効果的な行動を計画して実行に移していくことが大切です。

そのためには、まずは自分が置かれている状況を立ち位置をしっかりと理解することが必要なのです。

そうした理解の仕方を理解できるようになりたい、苦手な人、嫌いな人との距離の置き方を知りたいという方はこちらのサイトをご覧頂ければと思います。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 嫌いな人からの悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌いな人、苦手な人、どう関わる?―無理のない付き合い方


久しぶりの更新です。
なかなか更新できずすみません。
気が付くと、結構多くの方に見ていただいているようで本当にありがたいことです。

今回、相談の仕方、聴き方というわけではありませんが、嫌いな人、苦手な人とどのように関わっていくか、付き合っていくかについてお話したいと思います。

ちなみにこのような人たちに対しては次のようなやり方があります。

@仲良くなる
A徹底的につぶす
B接触しないようにする

です。
@は実践しようとしている方は結構多いのではないかと思います。しかし、これはかなりエネルギーがいります。苦手な人、嫌いな人とは本来は「合わない人」なのです。私たちは自分と合わないことをすると非常にエネルギーを使います。
嫌いな人が喜ぶことをするのはかなり疲れます。好きな人であれば、逆に元気になりますが・・・。
そのため、心身を疲弊してしまうことも珍しくはありません。

まあ、仲良くできるに越したことはないのでしょうが・・・。私はそこまで無理をしなくても・・・と思ってしまいます。

Aもよくありますね。嫌いな人に対して冷たく接したり、つぶそうとしたりします。私はカウンセラーという立場なので、あまりこういう話は得意ではありません。ただ、相手をつぶすのにもエネルギーを使ってしまうため、あまりしない方が良いのではないかなと思うのが私の考えです。また相手をつぶすのに失敗した時のリスクを考えると使わない方がいいのではないかと思います。

Bはお勧めです。例えば、嫌いな人、苦手な人に対しては挨拶や要件など必要な会話だけをして、あとは接触を避けることです。ほとんどしゃべらないようにします。心理的に距離が取れない場合は、物理的に距離を取りましょう。飲み会の席ではわざと反対側の席に座るようなものです。大切なのはそれに罪悪感を感じないこと。自分で「よし、距離をとろう。避けよう。」と思うと気持はかなり楽になります。

すると、エネルギーを無駄遣いしないため、本当に好きな人にたっぷりとエネルギーを使うことができるようになります。エネルギーは有効利用したいものです。

以上、嫌いな人との付き合い方を書いてみました。人付きあいのコツは極力無理をしないことです。どんなに努力しても無理をしても、できないものはできません。むしろ、無理しないやり方を身に着けていくことも大切なのではないかと思います。

ちなみに、今回のことは以下の情報商材を参考に書いています。臨床経験1万回を超える売れっ子カウンセラーが書かれたもので非常に面白いです。1800円ですがとても参考になります。
↓ ↓ ↓ ↓

ストレス社会を生きる知恵


↓一日一回どれか一つクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ

 
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 嫌いな人からの悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌いな相手から悩み相談されたら・・・


悩み相談では困ってしまう場合があります。

その一つに、何故か「嫌いな相手から悩み相談を受けてしまう」ケースです。

あんまり聴きたくないのに相談をされてしまい、どうしても断れず聴かざるを得ないという状況。
そして、とりあえず聴かないといけないしなあということで、聴いていると急に相手から「もういい」と怒られるパターン。
もしくは、逆に相手が満足してしまい、それからことあるごとに「聴いてよ」と悩み相談を持ちかけられるケースもあります。

ここで大切な情報の一つは、
嫌いな相手の悩みを聴き続けることはかなり困難なことだということです。

カウンセラーが話を聴き続けることができるのは、クライエントが好きだからできるのです。
もし、クライエントが嫌いになれば、話を素直に聴き続けることはできません。

すると、クライエントもなんか聴いてもらえていない感じがして、カウンセリングをドタキャンしてしまうことがあります。つまり、「なんかこの人に話しても仕方がない」と思ってしまい、来なくなってしまうのです。

このことは私たちの日常の人間関係でも同じことが当てはまると思います。

嫌いな人間の話をずっと聞き続けることは本当に難しいことなんだ。
このことは覚えておいて損はないでしょう。

そのため、時には「話は聴きたくない」と上手にかわすことが求められることがあります。
そのことについて次はお話してみたいと思います。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 嫌いな人からの悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク