【スポンサードリンク】


子どもの正しい叱り方―怒鳴るのは逆効果


今回は悩み相談とは少し違いますが、子どもの正しい叱り方についてお話したいと思います。

例えば、子どもがクラスの子どもをいじめたとします。
もしくは自分の子どもが友達とをいきなり叩いた場面をイメージしてください。

この時、あなたはどのような対応をとりますか?
この場合、怒鳴るのは私は良くないと思います。怒鳴ると、その子にさらに負の感情が沸き起こり、余計に誰かをいじめるようになります。ドラえもんでジャイアンがお母さんに怒られて、その怒りを発散するためにのび太君をいじめるようになるのと同じ理屈です。

怒鳴る・殴るなどの暴力を振るうのはできるだけ、避けた方が良いです。

さらに言えば、私は子どもの教育に怒る・叱る必要すらないと考えています。
カウンセリングでは、カウンセラーは怒ることなく、クライエントの問題行動を改善することができます。叱ることすらしません。これはカウンセリングではなく、子どもの教育でも十分応用できるだろうと思います。

正しいやり方で行えば、叱ることなく、子どもの問題行動を良い方向に導くことは可能です。
(もちろん、限度はありますが)

今からその方法について、お伝えしたいと思います。

子どもを叱る際に、まず注意しないといけないことは、順番を間違えないことです。
まずは、子どもが「どうなればよかったのか」をしっかりと聴くようにしましょう。
上記の例でいえば、子どもに「クラスでどういう風に過ごせればもっと幸せなの?」「みんなとどんな風に過ごせると嬉しい気分が増えそう?」と言う質問を投げかけてみましょう。

そうすると、子どもが「みんなともっと楽しく過ごしたい」という言葉が出てくるかもしれません。
そこで、「じゃああなたが〇〇さんを叩いたのは良かったかな?」と聴いてみてください。

「いや、それは違うと思う」と答えるだろうと思います。

この「どうなればよかったか、嬉しいか」を聴く前に、「〇〇さんを叩いたのは良かったか」と聴いてしまうと、効果はありません。子供によっては「うん、良かった」と平気で答える場合もあります。そうなると指導は難しくなります。

まずは「あなたはどうなりたいか」「どうなると良かったか」をしっかりと聴くことが大切です。
その上で「問題行動がよかったかどうか」を聴いてください。


この順番が非常に大切です。

そして、「友達と仲良くしたい」のに「友達を叩く」ということは、その子が願っていることから全く異なる状況です。私たちは願っている状態に近づけるようになりたいという欲求を持っています。

そこで、「じゃあ、友達と仲良くできるために、叩く以外でもっと良い方法を考えてみようか?」と提案してみましょう。ここまで一度も怒ったり、怒鳴ったりしていなければ、また説教をしていないのであれば、子どもは素直に「うん」と答えるだろうと思います。

一緒に考えるということは、子どもが自分でどうすればいいかを考える場を持てるということです。自分で出した答えほど、しっかりと定着することはありません。

このやり方をマスターすれば、子どもを怒鳴る・怒るはもちろんのこと、叱ることすら不要になります。

自分で考えてより良いやり方を見つけていけるように支えることこそ、より良い子どもの教育の仕方ではないかと思います。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学受験のわが子に対する親の役目、できること。


中学受験のシーズンになってきました。

この時期になると、家族一丸となってわが子の受験を応援しているのではないかと思います。
もう受験を控えたわが子の前で親ができることというのはほとんどありません。

確かに親の役目として、子どもの話を聴いたりすることも必要かとは思いますが、受験直前になるともうそんな余裕はないだろうと思います。

中学受験をして乗り越えるために一番必要なのは、子どものやる気です。

そしてやる気とは、
どれだけ自分の進路を具体的にはっきりと見えているか。
そのために「今」できることが理解できているか。
そして前に進めているという達成感があるかどうか。

この3つの条件が達成できているかどうかで変わります。
見通しも、するべきこともわからない、前に進めているかもわからない。
この状態で「やる気を出して」と言われても、まず無理です。

中学受験でできる親の役目というのは、なるべく早い段階で(早すぎてもダメですが)、この3つの条件について日頃から話し合っていくことだろうと思います。

中学受験で親ができることというのは、実は子どもが受験勉強を始める前にすでにあるのです
むしろ、この3つの条件について、子どもが自分から「こういうことをやってこうなれば、次に進めるんだ」と見通しを作れるように話し合っていくことが親の役目だろうと思います。

その際に「このやり方はおかしいでしょ」と批判しないように心がけたいものです。
批判は子どものやる気を失わせます

できれば「そのやり方もいいけど、私はこうしたらしやすいんじゃないかな?」と子どもの意見を尊重し、もっと良いやり方を見つけていくように話し合えると良いだろうと思います。

この子どもとの信頼関係づくり、子どもの進む道を自分で作り上げていくような話し合い、それらが親にできることであり、役目ではないかと思います。
その地道な作業の繰り返しが、わが子が本当にしんどい時に大きな助けとなります
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄弟ケンカの原因を上手に聴き、上手に対処するコツ


兄弟ケンカが起こった場合、まずしてはいけないことは怒鳴る、怒るということです。

私たちはつい「悪い方はどっちだ」と考えてしまいます。
そして、「悪い方を見つけよう」として「悪い方を罰しよう」とします。

私の経験上、そういう姿勢で子供の話を聴こうとすると、確実に子どもは「怒られないように」とごまかそうとします。なので、まずはこの考えを捨てることが第一のコツです。

私たちが願っていることは、ケンカしたことを罰することではありません。
兄弟二人が仲良く過ごしていくための術を身につけてもらうことのはずです。

だからこそ、こう考えてみて下さい。

「ああ、この子たちはちょっと二人で仲よく遊ぶのができないんだ。それが難しいんだ。じゃあどうしたら二人とも仲良く遊べるようになるのかな?」

こうした姿勢で子どもの話を聴くことです。それだけで、兄弟ケンカの原因や対処のコツは8割方できています。

なので、単純な兄弟ケンカであれば、落ち着いた声で「どうしたん?楽しくないの?」と声をかけてみるだけで十分です。「楽しく遊ぶためにはどうしよっか?」と伝えてみるのもいいでしょう。これくらいなら5分もあれば十分です。

もしお兄ちゃんが弟を殴っているのに「いや、これで楽しいよ」と言われたら、「いや、お母さんは楽しそうに見えないよ。だって弟は泣いているし。これはお母さんは良いとは思えない」とお母さんの気持ちをはっきりと穏やかに伝えてください。

こういう風に言われると、子ども自身も「あ、ダメのかな?」と自分で考えるようになります。その時に「じゃあ、一緒に楽しく遊べる方法をお母さんと一緒に考えようか」と提案してみましょう。子ども達はどんな顔をするのでしょうか?

一緒に考える、一緒に遊ぶ。これが兄弟ケンカを上手に対処し、また防ぐ最大のコツだと思います。

子育てをもっと楽しくしたいという方はこちらをご覧ください。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄弟ケンカに対して怒鳴らないことが大切


子どもが3人も4人もいるような家庭では、兄弟ケンカは良く起こるものです。

特に年子であれば、ほぼ毎日ケンカしてしまうこともあります。

また、忙しいお母さんとしては、子どものケンカにイライラしてしまって「こらー!!」とつい怒鳴り声を出してしまいます。「もうそんなんだったら知らん!!出ていけ」とか「お兄ちゃんが我慢しないといけないでしょ」と言ったりしたことのあるお母さん、結構多いんじゃないでしょうか?そして、「なぜ、あんなことを言ったんだろう・・・」と自己嫌悪してしまうお母さんは少なくないと思います。

ちなみに、不思議な話ですが、お母さんが怒鳴れば怒鳴るほど、兄弟ケンカはより一層激しくなってしまうようです。
「やめなさい!!」と怒鳴るだけだと、兄弟の仲はまあ悪くなります。かといって、それ以外のやり方が思いつかない…と困り果てているお母さんは結構多いと思います。ちなみにお父さんが出てくると、その時は素直に収まるものの、お父さんがいない時にお兄ちゃんが弟をいじめてしまう場合があります。

私の考えとしてはやはり怒鳴らない方がいいだろうということです。
それよりも子どもの話をしっかりと聴くことが必要です。

子どもはしっかりと話を聴いてもらうことで、納得します。それだけでケンカが収まります。
次はそうした子どもがケンカしたときにどういう風に聴けばいいかをお伝えしたいと思います。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもが「先生から理不尽なことで怒られた」という悩みに対して親ができること


子どもが学校から帰ってきます。
顔がちょっと暗いです。

どうしたのかな?と聴いてみると、
「先生が、僕何もしていないのに、〇〇くんいじめたやろって急に怒られた」
とボロボロ涙を流して打ち明けます。

親としては「え?」とちょっとびっくりです。

ただ、一昔前までは理不尽に先生から怒られるのは、普通の光景なんですよね。
親は子供に「あんたがそんなんだから先生も怒るやろうが」と逆に怒られるので、昔の子供はそんなことを親に言うはずもありませんでした。

しかし、今は違います。
最近では、子供が理不尽な目にあった時の対処として、ICレコーダーを持たす親もいるほどです。

ただ、これでいいのかなと言う思いがあります。
ここで子どもを守ろうとズルズルと子どもの意見に従うだけでは、将来同じような状況にあったときにどうなるのかなと思います。

上司に嫌なことを言われた→急激なうつ症状→「やめる」という人は結構な割合でいて、時折びっくりします。
そうした状況の耐性が全くついていないのです。

ICレコーダーを持たせる親は本当にそれでいいのだろうかとよく考えてほしいと思います。
できればこの機会を基にして、子どもを強くするチャンスにしてみてはいかがでしょうか?

そのためには以下の魔法の言葉を使ってみることをお勧めします。
「それで、あなたはどうしたいの?明日はどんな顔で学校に行けたらいいの?」

人間は目標に向かって行動する生き物です。
「先生に理不尽に怒られた」という現状だけに囚われていても解決はしません。

それでもその子はどうしたいのか・・・ぜひ聴いて上げてほしいと思います。
恐らく、
「明日は楽しく学校で過ごしたい」
「もっと勉強をしたい」
「〇〇君と楽しく遊びたい」
などいろんな気持ちが出てくるのではないかと思います。

そのために、じゃあどんなことができるのか。
それを一緒に考えてあげてほしいのです。

すると、お子さんは
「明日のために」頑張ろうとする力が出てきます。
つまり、今日の嫌な出来事をバネして、頑張ろうとすることができます。

子育て悩んでいるお母さん、お父さん、こちらをご覧ください。

これが子供が育つことにつながるんじゃないかと思います。
↓一日一回どれか一つクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どものいじめ相談の聴き方


いじめ相談シリーズ、またどこかで書きたいと思いますが、ひとまずは今回で終わりです。

今回は子どものいじめ相談についてどう聴けばいいのかについてお話したいと思います。
関連記事
子どものいじめの相談を聴くときに気を付けたいこと
子どものいじめのサインを見逃さない。
子供のいじめに対して親ができること

ここで注意しておきたいのは、いじめを受けている子供は大変ナイーブです。
そのため、こちらからの「こういう風にしてみたら」というアドバイスは逆効果になることが多いです。

よくあるのが、「そんなの気にしなかったらいい。気にしたらあかん。」「もう無視しなさい。あなたは間違っていないんだから」というアドバイス。
これができる子であれば、そもそもいじめで困りません。
(中には鈍感すぎて、壮絶ないじめにあっても気づかない子供もいますが、そういう子供はまあ困ってはいませんし、そのまま卒業まで普通に学校に来れることも多いです)

もし、アドバイスをするなら、どういう風に無視すればいいか、こう言われたら例えばどういう行動をとればいいのかをしっかりと教えてあげてください。

そもそも、子供にとって一番の願いはなんでしょう?
(「親の願い」ではありません)
おそらく、楽しく学校へ行けることだと思います。いじめは、その子にとって楽しくない状況です。
楽しい学校とはどんなのか。今どういう状況で学校が楽しくないのか。どうなれば楽しい学校になれるのかをしっかりと聴いてあげてください。

そして、こう伝えてください。
「私もあなたの立場だったら、〇〇〇と感じるよ。」
親が子どもの立場だったらこう感じるだろうと正直に伝えてみてください。
〇〇〇の中には、悲しい、怖い、悔しい、面白くない、つらい、などなどあなたが感じたことを正直に話してください。

これだけで、子どもの心は救われます。
子どもは親がしっかりと寄り添ってくれるんだと信じてくれます。

まずはこれが第一歩です。
いじめの状況というのは、子ども自身、何が起こっているのかわからない状況なのがほとんです。
だからと言って、親や大人が勝手に子どもが置かれている状況を評価してはいけないと思います。子ども自身が、「あ、そうか。だから私はつらいんだ」「学校に行きたくないんだ」としっかりと自己評価できることが大切です。
この自己評価のスキルは、将来社会で同じような状況にあったときも自分を守るために武器となります。

まずは、子ども自身がどう感じているかを親がしっかりと感じてあげてください。
それができてくると、自然とお互いにどう動いていいか、冷静に見えてくるでしょう。

いじめに関するお話はここで終わりにしたいと思います。
また、思いついた時に対処法、子どもの支え方、聴き方などをお伝えしたいと思います。

いじめから子供を守る術を知りたい人→コチラから



↓一日一回どれか一つクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どものいじめの相談を聴くときに気を付けたいこと


わが子がいじめを受けていた場合、親としては現状をしっかりと聴いておきたいものです。
そのため、どうなっているのかを子供に聴くことになります。

しかし、ここで気を付けないといけないのは、親の方から子供に「学校でいじめられているんじゃない?」「他の子から〇〇がこうなっているって聞いたんだけど」という聞き方をすると、子供の方から心を閉ざしてしまう可能性があります。「ちゃんと本当のことを言ってよ」という前置きもしないほうがいいですね。

実はこの聞き方は、学校の先生もよくするのですが、ほとんど子供は話そうとしないか、適当に自分の都合に良いことしは言わなくなります。結局、先生も表面上の事実は聴くことはできても、本当の解決につながるようなことまではつかめず、「してはいけないこと」といじめを力づくで押さえつけるようなやり方になります。当然、力で押さえつけるだけではいじめは再発するので、あまり意味はありません。

以前、ある子供からこんな話を聴きました。
「先生に言われたから謝ったし、反省文も書いただけだ」
いじめ解決の裏側にはこのような側面が常に付きまといます。

少し話がずれましたが、いじめ解決は事実を聞いただけでは解決しないのです。
そのことをまずは親や先生は理解してほしいと思います。

さて、子供に話を聴くためには、私はこういう切り口を提案します。
「困っているように見えるし、元気に楽しく学校を送ってほしいから、協力させてほしい」
悩み相談のコツは、自分のつらいこと、困っていることに焦点を当てることです。

相手が困っていることに焦点を当てていくこと

だから、まずは親がそう見えること、楽しく過ごしてほしいこと、そのために一緒に考えたいことをしっかりと伝えてあげてください。
もし、子供が「いや、今は大丈夫」というかもしれません。
その時は少し引き下がって様子を見ます。
そして、またチャンスをみて「大丈夫?元気に過ごしてほしいし教えて」と伝えてみましょう。

いじめの一番の問題は、子供が親にいじめの状況を言ってくれないため、対応が遅れてしまうことです。
しかし、焦って事実を聞き出してしまうとズレと歪みが出てしまいます。
そして何よりも、いじめは子どもたちが自分で解決していくべきものだと思います。

子どもの声をしっかりと傾けていくことが、いじめの中でわが子が成長するために親ができることかもしれません。
「大丈夫」というのは子どもの精一杯の声だと思います。
まずは、それを信じることも大切です。

悩み相談の最大のポイントを相手をしっかりと信じているという雰囲気なのです。
そして、相手を大切に思っているという雰囲気なのです。
悩み相談を聴くときに最も大切なこと

ぜひ、わが子の思いや気持ち、どうなりたいか、それに対してできることなど、しっかりと信じるという気持ちが大切だと思います。その上で、わが子が一歩一歩、前に進めるように支えていくような姿勢が何よりもいじめられている子供たちを勇気づけるのです。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どものいじめのサインを見逃さない。


わが子がいじめらから守るために、まず必要なことは「子どものサイン」をしっかりと見ることです。

例えば、
最近、学校の話が減っている。
ランドセル、カバンの中身を見せないようにする。
一人でいる時間を増やそうとする(家族との話を避ける)。
(これらは思春期ならだれでもあるので、いじめに限ったことではありませんが、ある日急にしなくなったら疑った方が良いかもしれません)

急に外に出ないようになる、一人での外出を怖がる。
学校に行くときに表情が何故か暗い。
帰ってくるとき、クラブがない日でもぐたーっと疲れている。
気分の変化が激しい。

などなど。
もちろん、これらがあるからと言って、すぐにいじめを疑わない方が良いです。
(いじめの証拠にはならないため)

大切なのは、これらは子どもが今「何か困っている」ということを示すサインだということです。
そのサインを是非見逃さないようにしたいものです。

そこで、そうしたサインを見つけたら、こんな言葉をかけてみてください。
「最近、しんどいけど、無理してない?何かあったら力になるよ」
「つらそうな顔しているから、見ていてこっちが辛く感じる」
Iメッセージを使って、親の気持ちを伝えることが大切です。

間違っても
「なんか学校であったんちゃう?」
「いじめでもあったん?」
など、いじめを決めつけたような発言はNGです。
子供には「親に心配かけたくない、いじめを知られたくない」という気持ちが当然あります。
なので、ぜひそうした気持ちを尊重しましょう。

むしろ、子供が「今困っているんだ」そのことに焦点を当てて、それが心配だし、辛いし、だから一緒に考えていきたいということをしっかりと伝えていくことが必要です。

そして、大切なのはすぐに問題解決に走らないことです。
いじめにさらされている子供は先が見えていない不安におびえています。当然大人は解決の方法を知っていますが、大人が先走りし過ぎると子供はおいていかれたように感じます。
できえば、子供にも意見をしっかり聴いて、子どもが「どうなればいいか」をしっかり話し合いながら進めていくことが理想的です(もちろん、いじめの状況がひどすぎる場合は、その限りではありません)。

次は話の聴き方について具体的にお伝えしたいと思います。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供のいじめに対して親ができること


近年、いじめによる自殺など目を覆いたくなるような事件が起こっています。

わが子がそんな目にあったらどうしようかと悩み親心、胸が痛いほどわかります。

このブログでは、話の聴き方を中心に書いていますので、いじめの解決については詳しくは書きませんが、ある日子供から「〇〇君に嫌なことをされた」「友達がみんな私のことを無視してくる」という相談を受けることがあるかもしれません。

相談してこないにしても、子どもの表情が日に日に暗くなってくれば、いじめの可能性を検討した方が良いでしょう。

しかし、普段の子供との関係が悪いと子供はなかなか悩みを打ち明けてくれません。
いじめの渦中にある子供というのは一生懸命頑張っています。
私たち大人はすぐに子供たちにアドバイスをしてしまう傾向があります。しかし、だからこそ、子供は親になかなか相談できなくなります。思春期の子どもは、なかなか大人のアドバイスを受け入れにくいものです。「自分らしくやりたい」という気持ちが出てくるためです。

親が子どものいじめに対してできることの一つとして、なるべく子供と良い関係を築いておくことが必要だと思います。そのためには、普段から子供の話や相談をしっかりと聴いておくということです。

子どもの話の聴き方、質問の仕方、アドバイスの仕方については今までにたくさん紹介してきたので、ご参照ください。

悩み相談 コツ
傾聴 共感
質問の仕方
アドバイスの仕方

子どもの話を聴くポイントとしては、できるだけ楽しいことに焦点の当てることです。
楽しいとは「一緒に楽しむ」ということです。
子供というのは一緒に楽しんでくれる大人に対して心を開きます。

子供が相談したい大人というのは、いろいろとアドバイスしてくれる大人ではなくて、一緒に楽しんでくれる大人なのです。そうした関係を日頃から築いておくことで、子供も親に話しやすくなると思います。

しばらく子供のいじめに対して、親がどう聴けるかについて話していきたいと思います。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い子のお母さんは聴き上手


「良い子のお母さんは聴き上手」

本やテレビや講演会などで、そんな言葉を聞いたことはありませんか。

カウンセリングをしていると思うことがあります。

それは聴き上手なお母さんほど、子供がすくすくと育っているということです。

カウンセリングをしていると、不思議なことにお母さんが聴き上手になっていくことがあります。
すると、子供の不適切な行動がぐんと減り、他の子供と変わりないくらい普通の子供に育っていきます。

「聴く」ということは子どもの自主性を尊重するということです。

聴き上手なお母さんは子どもの自主性を尊重できるお母さんということになります。

ところで「聴く」とは何を聴くのでしょうか?
それは子どもがどうしたいのかをしっかりと「聴く」ということです。
子どもが何に困っているかをしっかりと「聴く」ということです。
子どもが何ができるか、どうすればいいのかを自分で考えていけるように「聴く」ことです。

そしてこれらは実はあなたの前の両親との関係や性格とはほとんど関係がありません。

なぜなら、相談の仕方は効果的な「聴き方」を学ぶことで誰にでもできるようになるものだからです

ただ、身に着けていくためにはそれ相応の努力が必要です。

また、お母さんやお父さんが子どもたちに対してどう話を聴いていけるか、お伝えしていきたいと思います。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 親子に関する悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク