【スポンサードリンク】


夫が妻の話を聴きたくなる魔法のテクニック


さて、前回は夫が妻の話をなかなか聞けない、テレビを優先してしまう理由についてお話しました。

今回はそれを踏まえて、夫が妻の話を聴けるようになるテクニックについてお話したいと思います。

まずは、
夫に対して「少しだけ時間欲しいんだけど、テレビ消してもらってもいい?」と聞くことです。
男性はどちらかに集中しないといけないので、まずは妻の話に集中してもらえるようにお願いしましょう。ただ、夫側から見れば、見たいテレビを見るという権利も当然あるわけで、よっぽど大事なことでもない限りは、テレビを消すように強制することだけはしないようにしましょう。夫が「うん、わかった」と言ってくれたら、そのことに対して感謝しましょう。

次に、
「どんなことを話したいのか」「夫に何を求めているのか」伝えましょう。男性は目的を持った会話は得意なように脳は作られています。そのため、意味もない会話はかなり苦手です。
男性と女性の脳の話―男はなぜ女性の話を聴けないか

そのため、妻は夫に何を求めているかをしっかりと伝えることです。
「あなたの考えを聞かせてほしい」
「意見を述べて、参考にしたい」
「ただ、うなずいて聴いてくれたらいい」
「そんなに大変な悩みじゃないんだけど、ちょっと聞いてほしい」
「聴いてくれるだけで楽になるから」
「10分だけでいいから」
などなど。

大切なのは妻のリクエスト、夫に求めているものをしっかりと伝えることです。これだけで、夫は「そっか、それでいいんだ」と安心し、妻の話をしっかりと聴けるようになります。

ちなみにゆっくりと話したい場合は、散歩しながらとか、静かな喫茶店だとか、じっくり話ができる場所に移動するのもいいかもしれません。

ただ単に「夫は聴いてくれない」と嘆くだけではなく、男性と女性の脳の違いをしっかいと理解し、それを上手に活かしていくことが大切ではないかと思います。

夫婦関係をより良いものにしたい方はこちらをどうぞ。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 恋愛の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫が妻の話を聞かない理由とは?


今まで、男性と女性の脳の違いから話しの聴き方についてお話してきました。

男性と女性の脳の話―男はなぜ女性の話を聴けないか
脳科学から男性が女性の話を上手に聴くコツ

今回は夫が妻の話をなかなか聞こうとしない理由についてお話したいと思います。

こんな経験ありませんか?
妻が夫に話をしているとき、夫は新聞やテレビを見て、ボーっとしている感じ。
妻が「聴いているの?」と問いかけると、「うん、聴いているよ」とでもなんだか上の空みたいな感じです。
こういう光景はほんとに良く見られるものじゃないかなと思います。

ちなみに、女性は「テレビを見ながら雑談すること」ができます。だからこそわからないのです。

前にもお話しましたが、男性は一つのものにしか脳が集中できないという脳の構造を進化していく上で作ってきました。(もちろん、個人差がありますが)
そのため、一つのことにしか男性は集中できないのです。また、男性は目での情報処理に適しており、耳からの情報処理するのは女性よりも若干苦手です(これは狩りで獲物を見つけないといけないことから進化してきたためだと思われます)。

脳はリラックス状態になると、自分と得意とするやり方を優先するようになります。
そのため、話し言葉に注意を向けるよりも、テレビや新聞など目で見るものに注意を優先するのです。
見方を変えれば、夫が奥さんの話を聴けないのは、夫が家でリラックスできている状態だとも取れます。

しかし、それでは話をなかなか聞いてもらえないので、奥さんもストレスがたまってきますよね。
次回は、上記の男性の特徴を踏まえた上で、奥さんの話をしっかりと聴いてもらうためのテクニックをご紹介したいと思います。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 恋愛の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳科学から男性が女性の話を上手に聴くコツ


前回、男脳と女脳について、脳の構造が異なることをお話しました。

今回は男性がどうすれば女性の話を上手に聴けるようになるか、脳科学の観点からお話したいと思います。

ちなみに、男性と女性の脳の大きな違いの一つに脳梁の太さが挙げられます。
脳梁とは右脳と左脳の間をつなぐ部分です。

右脳は感情や直感を、左脳は理論や言葉・思考の機能をそれぞれつかさどるといいます。
結論を言えば、右脳と左脳の結びつきが太ければ太いほど、感情や直感が思考に強く影響するといわれています。

そして、女性は男性よりも脳梁が太いのです。
そのため、女性は感情や直感が考え方に大きく影響しやすいと言えます。
(もちろん、個人差があります。脳梁が太い男性も当然います。)

だから、女性は男性と比べて、言葉が曖昧でフワフワしたり、感情的に考えてしまうのです。
意識しなくても脳機能的に感情に左右されてしまいやすい構造をしているのです。

そのため、女性の話を男性が聴く場合は、この感情をしっかりと汲んでいくことが大切です。
また感情は表現するうちに収まってくるという特徴があります。
だから、「女性の話を聴くのはまず頷き続けることが大切だ」と言われているのです。

まずは、「うん、そうだね」と相手の話を肯定し、相手の感情をしっかりと出し続けること。
そして、話を決めるときは、「僕はこれはつらいなあ」「寂しいなあ」「嬉しいと思うよ」と男性側の感情をしっかりと提示していくことが大切です。
つまり、感情的な表現、相手の感情をしっかりと大切にしながら話をする、聴いていくことが女性の話を上手に聴くコツだといえます。

次回は女性、特に彼女や妻が夫に対して話を聴いてもらえるポイントやコツについて、脳科学からお伝えしたいと思います。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 恋愛の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性と女性の脳の話―男はなぜ女性の話を聴けないか


男性にとって女性の話を聴くのは結構つらいところがあります。

世の旦那さんは、妻から「もうちゃんと聞いてるの!?」と怒られた経験はあるのではないでしょうか?

狙っている女性、付き合ったばかりの女性の話であれば、男性はしっかりと話を聴こうとします。
しかし、時が経つにつれてあまり男性は女性の話を聴かなくなるものです。

いや、聴けなくなるものです。そこから夫婦の会話が少なくなったり、ズレが起こってしまうことも少なくありません。

では、なぜそんなことが起こるのでしょうか。
まず、述べておきたいことは、夫や彼氏は決して妻や彼女のことが嫌いになったわけではないことです。
ただ、話を聴くことができなくなったためなのです。

この理由として、男性と女性の脳の違いが挙げられます。
この知識をしっかりと知っておくと恋愛や結婚生活に大いに生かせると思います。

まず、男性の脳というのは一つにことに狙いを絞って、それを達成するようにできています。
これは原始時代に男性が狩りして獲物を捕まえるため、敵から効率よく身を守るため、そして力仕事や重労働をこなすことが多かったため、我々の祖先が身に着けてきた進化の名残なのです。
そのため、男性は会話をしながらTVを見るといった複数のことを処理するのは大変苦手です。
さらに言えば、会話の仕方も女性とは違い、一つの目的に沿った会話を好みます。すぐに結論や「どうしたいのか」「どうなったのか」を会話の中で求めたがる男性が多いのはこうした理由からです。

一方で女性の脳はいろんなことを複合的に処理する能力に優れています。これは村や集落で他の女性と家事をしながら料理をしたり、料理をしながら家事をしたりしていたことからの名残です。器用にいろんなことを同時にしていく必要がありました。
そのため、女性は会話をしながらTVを見るといった複数のことを処理するのは得意です。
また、会話でも取り留めのない話、相手といろんなものを共有するだけの話、あまり意味のない話を好みます。逆に「結論を求める会話」は苦手です。これは家事をしながら会話をすることが多かったことからの名残でしょう。

そのため、女性が好きな「とりあえず聴いて」「一緒に共有したい」というような会話は男性は非常に苦手です。付き合い始めのころは、「この女性とずっと一緒にいたい」という目的が優先順位にあるため、女性の好きな話題に合わそうとします。
しかし、時が経つにつ入れて、仕事やほかのことが優先順位に入ってくると、なかなか「取り留めのない話」に耳を傾けることが難しくなります。そうなると、「で、結論は?」「どうしたいの?」といった言葉が出てしまうのです。

※「優先順位が変わること」と「あなたを好きでいなくなること」は同じ意味ではありません。むしろ、「あなたがいてくれて幸せになれたから、他のことにも目を向けられるようになった」という意味だと捉えていただけると良いと思います。

これが男性が女性の話を聴けない理由です。
脳の構造的に、取り留めのない話、ただ聞いてほしい話を長時間、毎日聴き続けることは男性には難しいように出来ているだけなのです。
カップルの方は夫婦の方はこの脳の違いを分かっておくことで、相手の行動の理由がわかりやすくなります。

さて、次はそんな男性に対して女性がどうすれば自分の話を聴いてもらえるか。
そして、男性はじゃあどうしたら女性の話を聴けるようになるか。
そのコツについてお伝えしたいと思います。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 恋愛の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女の愚痴をどう聴けばいいか―まずは相手の心理を知ること


彼氏・彼女が悩みを愚痴る場合、最初の半年くらいは相手はしっかりと聴いてくれることが多いです。

愚痴や悩みを聞くと相手のことが良くわかります。
愚痴を聴くというのは相手のことを良く知るためのツールでもあります。

それと、恋愛の最初の時期はとにかく相手の力になりたい、役に立ちたいと思うものです。

だからこそ、悩みや愚痴をしっかりと聴こうとします。
しかし、よほど人の話を聴くのが苦痛にならない気質を持っている人でもない限り、一年以上も同じ相手の愚痴をずっと聴き続けることは至難の業です。

ちなみに相手の話を聴くのには個人差があることはご存知でしょうか?

愚痴を言いたい人も当然ながら個人差があります。

愚痴を言いたい人は原則として「私のことをよくわかってほしい」という気持ちが強い人が多いものです。
この「私のことをよくわかってほしい」というのは生まれつきの性格のことで、当然ながら「あまりわかってもらえなくても大丈夫」という人もいます。
この思いの強い人は、当然ながら嫌なことがあったり、自分の思いとは全く違う状況になったとき、この気持をわかってほしくて、相手に愚痴を言います。

あと、愚痴を言いたい人のもう一つの要素として「良くわからないなから話しているうちに整理したい」という気質を持っているということです。ちなみに、私はこっちのタイプです。
周りにいませんか?話聴いているだけで勝手に結論を導き出して、自分なりの答えを出してスッキリする人。こういう人は嫌なことがあって、自分の気持ちを整理するために愚痴を言います。まあ、答えを自分で出すので愚痴かどうかは微妙なところですが・・・。

愚痴を言いたい人はどちらかの気質、生まれつきの性格を持っていることが多いのです。

なぜ、こんな話をするかというと、愚痴を聴く場合、相手の気質、生まれつきの性格をしっかりと知っておく必要があるからです。「愚痴を言っている子はどんな気質を持っているのか」これを知らないと、思わぬ地雷を踏むことになります。

後者の自分で答えを出したいタイプは適当に相づちを打つだけで、スッキリしてくれることが多いものです。

しかし、前者の「私のことわかってほしい」という気持ちが強い気質を持っている人は、適当な相づちを打つと相手を怒らせてしまいます。「わかっていない」という感じです。このタイプは「そっか、それが辛かったんだ」「僕も同じ立場だったらそう思うよ」と返すと相手はほっとするでしょう。

友人や会社の付き合いもですが、特に恋愛になるとお互いの気質の相性がとても重要になります。最初の半年は相手のことを優先して行動しますが、半年たつと「自分の気質」に沿った行動をとろうとします。その時に愚痴を上手に聞けなくなって、「彼女の愚痴をどう聴いたらいいんだろう」としんどくなってしまうことがあるのです。



↓一日一回どれか一つクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 恋愛の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛の悩み相談を上手に聴く方法


恋愛の悩み相談をされたことはありませんか?

例えば、
「彼氏がこんなことを言ってきて信じられない」
「彼女とは最近合わないんだと思うんだ」
「会う度にケンカしちゃって」
「浮気された。もう許せない」

恋愛とは全く他人だった男女が親密になっていく関係です。
当然、行き違いやズレも多くなり、その都度ケンカや不満足感を募らせます。
相手の愚痴や相談もしたいでしょう。

ここで、悩み相談のコツについてお話したいことは、変に相手の愚痴に乗っからないことです。
まあ、下心があれば乗っかってもいいのですが・・・。
(ただ、恋人の愚痴から始まった恋愛関係は長く続かないことが多いのですが)

純粋に相手の力になりたいというのであれば、そうした愚痴に乗っかり過ぎない方がいいでしょう。
なぜなら、相手の問題は相手が解決するものだからです。
また、人間は自分の問題を、自分の力で解決したいという欲求を持っているものです。

なので、少し距離を取るくらいで聴いてあげる方が相手も安心します。

そこで、相手が恋愛で悩んでいるときに、こう聴いてみましょう。
「彼(彼女)とはどんな関係になりたい?」
「これからどんなふうになっていけば幸せなの?」


私たちは過去よりも未来に目を向けることで前向きになれます。
まずは恋人とどうなりたいか、前を向けるように聴いていくことが大切だと思います。

恋愛相談が上手になりたい人→こちら
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 恋愛の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク