【スポンサードリンク】


嫁姑の間に挟まれる夫の役割とは?



嫁姑問題というのは昔からある問題です。
これによって夫婦関係が悪化し、離婚することも珍しくありません。

この嫁姑の問題を何とかするためには、何といっても夫の役割です。

嫁と姑に板挟みに合うので、本当の世の夫さんは大変です。

私の義理の父は、嫁姑の問題で結婚当初は激ヤセしたと聞いています。

その時の義父の父の言葉が今でも忘れません。

「いいか、夫の役割は嫁と姑の間をしっかりと取り持つことだ」

私はこの時は、「何があっても嫁の見方をするんだ」と考えていました。
しかし、結婚生活を続けていくうちに、それは間違いだと気づきました。

例えば、嫁が姑に会いたくないというのをそのまま鵜呑みにしていいのか。
そりゃ会わないでいたら楽ですし、その代わり夫が頑張って間をとりなせば済むような気もします。

でもそれを自身の親が介護が必要になって、危篤状態でもいいのかと言われると、そんなことはありません。

それで一番苦しい思いをするのは、嫁さんなんです。

会わないままでいたら、結局嫁さんがしんどくなってくるのだとしたら、奥さんの要望を鵜呑みに受け入れ続けるのが果たして良いことなのかどうか。

そんなことを考えると、男にとっての結婚とは、母親からしっかりと自立し、そして一人の女性に毅然と接し、父親として子どもを社会に育てていく・・・それらを通して男性として成長していくことにあるんじゃないかと思います。

もちろん苦しいですが、夫の役割を全うできたとき、確実に人間として成長できると思います。

ただ、逃げ続けた場合、本当に苦しい最後になってしまう可能性もあります。

男性にとっての夫とはそうした修行だと思います。
もちろん、それを通して嫁さんも一緒に成長していくことが結婚です。

世の旦那さん、今はつらいかもしれませんが、一生懸命自分の親と嫁さんに向き合って頑張って行きましょう♪

絶対に、あなた自身を成長させてくれますよ。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 夫婦の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦喧嘩の仲直りの方法とコツ


「夫婦喧嘩は犬も食わない」とは言いますが、やはり人間です。

また夫婦というのは、赤の他人同士が一緒に暮らしているのですか、当然ですが些細なことでケンカになってしまったりすることもあります。喧嘩をした後は、お互い気まずくなって、会話が減ってしまい、お互いに嫌な時間を過ごすことになります。

またケンカの時は冷静に考えれないので、相手が傷つくようなことを平気で行ってしまったりすることもあるものです。それが引きずってしまい、結局離婚してしまう夫婦は後を絶ちません。

できれば、ケンカをしない、してもすぐに仲直りできるようになれば非常にいいですね。
今回はそんな仲直りの仕方やコツについてお話したいと思います。

夫婦喧嘩 仲直り

夫婦喧嘩の時に一番してはいけないことがあります。
それは夫婦お互いの思いに固執することです。

夫はわかってくれない・・・
妻はうるさい・・・

そこに拘ってしまうとケンカは仲直りはどうもできません。

そこで、こう考えてみましょう。

「夫(妻)はこうだし、イライラするけれど、夫婦としてはどうしたいかな?」

夫婦としてどうありたいのか、考えたいのか、これら夫婦としてどう過ごせたらいいのか。

この辺りに焦点を当てて考えてみることが大切です。
実はこれが仲直りのための方法であり、コツなのです。

これを「グループ・ゴール」と言います。

つまり、夫・妻のそれぞれの目標にだけ固執するのではなく、夫婦という2人の目標に焦点を当てて考えることが夫婦喧嘩からすぐに仲直りするためのコツなのです。

ケンカをしたら、こう考えてみましょう。
「これから10年夫婦としてどう過ごしたいか」
「この問題を夫婦でどう片づけたいか」
「自分はこう考えたいけど、夫婦としてどう考えたいか」

この視点で夫婦で話し合いをすることが大切です。
お互いの意見は尊重しつつ、「夫婦としてどうしたいか」夫婦としてのグループ・ゴールをしっかりと共有して話し合うことが夫婦喧嘩を仲直りする一番のコツであり方法だといえます。

また、普段から「夫婦でどうしたいか」を話し合う習慣をしていくことで、自然と夫婦喧嘩も少なくなります。お互いの考えがわかるからです。

ぜひ、夫婦喧嘩をしそうなとき、また夫婦円満にしたい時、グループ・ゴールという視点で考えてみることを試してみてください。


posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 夫婦の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦仲良くする秘訣は「話し合い」です


今回は夫婦仲を良くする秘訣、コツについてお伝えしたいと思います。

前回の記事で、夫婦仲が悪くなる原因は、「批判」や「非難」を行うことだと話しました。

話し合いの場面で「あなたは間違っている」と言いたくなる場面は非常に多いです。
この時に大切なのは自分の我を押し通さないようにする配慮です。

例えば、浪費癖のある人と、貯金をしたがる人は生まれつきの性格で決まっています。
一万を見たら、すぐに貯金を考えるか、外食に行くことを考えるかは生まれつきの気質で決まっているのです。

それを批判するということは相手の全てを批判することにつながります。
私たちの脳は相手の批判や非難を受け入れられるようにはできていません。

夫婦の話し合いで大切なのは、「どちらが正しいか」ではなく、「どうすれば今の問題を解決することができるか」に焦点を当てることです。

先ほどの浪費癖の夫と貯蓄屋の妻が、お金の使い方について話し合う場合、財布の紐は妻が持っておいた方がいいでしょう。それでOKかどうかの話し合いをすることが大切です。

こうした夫婦の話し合いは家で行うよりも、ファミレスや喫茶店など、静かなところで行った方がいいでしょう。気持ちも切り替えやすくなりますし、お互いに引きずることもなくなります。

夫婦仲良くする秘訣は、実はこの話し合いにあります。
話し合いを頻繁にする夫婦ほど、夫婦仲は良い傾向にあります。

ポイントは批判や非難をすることなく、「どうすればいいのか」解決やゴールに向けて話し合うことです。
そのためには「あなたはどうしたいか」と相手のリクエストを絶えず確認することが必要です。

何かあったときに、絶えず話し合いを行うことを意識しておくだけで、夫婦仲は良くなっていくだろうと思います。その際に批判・非難しないことを意識してみてください。
posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 夫婦の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦仲が悪くなる原因とは?


夫婦仲は良いに越したことはありません。
ケンカはあってもイイですが、話し合いくらいはケンカをせずにした方が良いでしょう。

夫婦仲が悪くなる原因は性格の不一致ではありません。

夫婦仲 悪くなる 原因

性格の不一致が原因であれば、おそらくほとんどの夫婦仲は悪くなる運命にあることになります。
しかし、夫婦カウンセリングの経験や私の結婚生活から、工夫次第でいくらでも夫婦仲は良くすることができます。

中には「ケンカばかりして離婚するかどうか迷っている」という夫婦でも、「今は楽しいです」と笑顔で話せるまでに仲が改善したケースもあります。

さて、夫婦仲が悪くなる原因ですが、性格の不一致ではなく、相手との意見が合わない時に相手を批判・非難してしまうということにあります。

私たちは小さいときから絶えず「自分の思っているように周りを変えたい」という強い欲求を持っています。


そして、結婚は他人が一緒になることです。
他人が一緒になるので、「意見が合わないと感じる状況」が必ず訪れます。
その時に、相手を自分の思うように変えようとして批判・非難が使われてしまいやすいのです。


例えば、妻は「一緒にご飯を食べたい」と思っているのに、夫は「食べたい時は好きに食べたい」という意見・価値観を持っているとします。
となると、ご飯を食べるときに両者の意見が合わず、ぶつかってしまうことになります。

すると、妻が「なぜ一緒に食べようとしないのか」と夫に聞こうとするかもしれません。
その時に高い確率で「相手を批判・非難」してしまうのです。

「なぜ、しないの?もしかして私のことが嫌いになったの?」
「本当に自分勝手ね」
「そんなんで恥ずかしいと思わないの?」
「もう!!早くしてよ」

などなど。

こうした非難や批判は確実に人間関係を悪化させてしまいます。

非難・批判をされた相手は嫌な気持ちになるからです。

すると、夫は妻を避けるようになり、妻は「なぜ避けるの?そんなに一緒にいたくないの?」とさらに非難してしまい、より一層夫婦仲が悪くなるのです。

これが夫婦仲が悪くなる原因です。
となると、批判・非難をしないことが夫婦仲を改善させるための秘訣となります。

これについてはまた次の機会にお話したいと思います。

posted by 悩み相談専門カウンセラー at | 夫婦の悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク